都市部中小企業による地方進出のトライアル型「ふるさとテレワーク」モデル

ふるさとテレワーク導入パッケージ

中小企業(従業員10人以下)が、東京の仕事を継続しながら、リスクと支出を少なく、ふるさとテレワークを導入するための機能をサービス化。テレワーク導入支援、就業規則導入支援、空き家活用支援という機能をTW/SCをベースに提供。社員がワークライフバランスの向上(家賃が9万円ほど減るため、可処分所得が向上し、かつ、過疎地に比べて中核都市としての都市インフラが整備されている)を実感しながら、東京の中小企業が“ふるさとテレワーク”を導入するためのサービスが生まれました。

4つのサポート



テレワーク導入支援

テレワークを導入するためにトライアルとしてタカサキチをサテライトオフィスとして利用することができます。
テレワークを実践するために必要な環境を整備、またテレワークのオリエンテーションも行います。


ワークプロセスの整理 ワークプロセスを整理することで属人化してしまっている作業を形式知化します。これにより、今までテレワークできないと思っていた業務の中にもテレワークで作業可能な領域がでてきます。

情報共有システムの構築 テレワークを行う上でどのようにコミュニケーションや情報共有を行っていくかは重要な問題です。 快適なビデオ会議システム、メッセージアプリ、情報共有のためのクラウドサービスなどをご紹介、導入支援をいたします。

勤怠管理システムの導入 2拠点で業務を行うとき、お互いが安心して取り組むために労働時間の見える化だけでなく業務効率も実現できる勤怠管理システムの導入を支援いたします。

テレワーク環境構築 テレワークに必要な機器、オフィス環境の整備などどのようにしてオフィスとしての機能や快適な労働衛生環境の整備するかについてアドバイスいたします。

就業規則導入支援

人事コンサルタントによるコンサルティングを行います。就業規則が定まっていない企業でも社員にテレワークを実践
してもらいながら4ヶ月の間にテレワークを実施するうえでの問題点をヒアリングし、評価制度、就業規則の構築します。
最終的には経営者と労働者の合意形成の上で労働条件通知書の作成いたします。

地域社会との交流支援

都市部から移住した際、孤立しがちになってしまうため、地域社会とお交流支援をいたします。
生活をするうえで必要な地域の子育て情報、行政の情報などを知ることができます。

子育てママの人材発掘支援

テレワークによって整理された業務を高崎在住でビジネススキルを持つ子育て中のママとのビジネスマッチングを支援します。
整理された業務の一部をアウトソーシングすることでより生産性の高い仕事に取り組めるようになります。

お問い合わせ

実施団体:一般社団法人ママプロぐんま
(群馬県高崎市東町266-4)

お名前

メールアドレス

お問い合わせ内容